• LINE UP
  • BOOTHS
  • ABOUT
  • CONTACT
  • 空席状況のお問合せ:電話 03-6228-1062 またはチャット
    (10-18時 土日祝休み)※【特別価格】は各店舗でご確認ください。

English

メインチラシ画像

江戸写し絵社中 旗揚げ公演

日本アニメの原点、江戸写し絵

公演期間

2019年3月25日 (月)

会場

日本橋公会堂 日本橋劇場(水天宮)

チケット

一般/親子

[定価]
¥4,000



公演情報詳細・注意事項

公演内容 <div style="font-size:16pt"><b>ハリウッドで絶賛され、世界を驚かせた<br />日本アニメの原点「江戸写し絵」をご存知ですか?</b></div><br /><br />江戸写し絵の起源は、約200年前、江戸時代後期にオランダから輸入されたマジックランタン(幻燈機)に始まります。<br />当時日本は文楽、歌舞伎、浮世絵、絡繰り仕掛けなど、江戸文化が花開いた時期でした。<br />やがて、金属製のマジックランタンは断熱性の高い桐を使った木製の映写機「風呂」に改良されます。<br />時は享和3年(1803年)、ここに「映写機を手に持ち、自由に操ることで映像を生き生きと動かす」、日本独自の映像芸能「写し絵」が完成したのです。<br />映画の台頭で一度は失われた江戸写し絵ですが、1993年に現在唯一人の江戸写し絵師である三代目薩摩駒花太夫(山形文雄)がこれを復活、この度「江戸写し絵社中」を旗揚げいたします。<br />新内節三味線の人間国宝である新内仲三郎師、芝生噺の第一人者である林家正雀師をゲストに迎え、江戸文化の中心地、日本橋より新たな一歩を歩みだす「江戸写し絵社中」の旗揚げ公演をたっぷりとご堪能ください。<br />
公演ホームページ https://ifa-tokyo.org/news/news_release-14/1956/
出演 新内多賀太夫 / 新内仲三郎 / 林家正雀 / 蓼胡麻敬(小唄) / 嘉数正彦(小唄) / 蓼胡与麻(小唄)
スタッフ
公演スケジュール <公演日>
2019年3月25日 (月)

<公演日・開演時間>
2019/03/25(月):2pm/7pm
チケット 一般/親子
[定価]
¥4,000
受付期間 3月21日(木)
取扱い店舗 ■閉店■東京タワー■閉店■KTIC大丸心斎橋店丸の内東京シティアイ店品川店新宿観光案内所新宿店京王新宿店銀座店表参道店WANDER COMPASS SHIBUYA渋谷店浅草店秋葉原店秋葉原T.I.C.成田空港店KTIC京都タワー店道頓堀店あべの店福岡天神店
会場 日本橋公会堂 日本橋劇場(水天宮)

会場情報(日本橋公会堂 日本橋劇場(水天宮))

Web Services by Yahoo! JAPAN
※会場の情報は変更されている場合もあります。ご不明な点は各会場にお問合せください。
アクセス ■東京メトロ 半蔵門線「水天宮前」駅6番出口から徒歩2分 日比谷線「人形町」駅A2出口から徒歩5分 東西線「茅場町」駅4−a出口から徒歩10分 ■都営地下鉄 浅草線「人形町」駅A3・A5番出口から徒歩7分 ■中央区コミュニティバス(江戸バス) 北循環25 「日本橋区民センター」 下車0分
駐車場

ページトップへ